産後にお腹から腰周りに脂肪が付きやすくなったり、産後太りしてしまう原因とは??

妊娠中は身体に様々な変化が生じます。

赤ちゃんの発育と、母体の体重増加、子宮の増大などで骨盤への負担は増大していきます。

そのため骨盤への負担が増大したことにより骨盤底への圧迫による骨盤周囲の筋肉、靭帯の弛緩、太もも周囲の筋肉の疲労による筋力低下が起こります。

またリラキシンの作用の骨盤周りの筋肉や靭帯などを弛緩させる働きが、より太もも周りの筋力を低下させてしまいます。そうなると筋力が落ち所は代謝が低下してしまうので、脂肪が付きやすくなります。

妊娠後期は体重増加もありますが、リラキシンの作用などで太ももの筋力が低下するので普通に歩くだけでもツラくなってきます。

また産後の骨盤の歪みも下半身にお肉が付きやすくなる原因の1つです。

産後に骨盤が開いたままでいると、骨盤の内臓(大腸、小腸)の位置が下がってしまいます。

内臓が正しい位置にないと、内臓への血流も妨げられて、消化や代謝機能がうまく働かなくなってしまいます。

その結果、身体全体の代謝が低下してしてしまい、特にリラキシンの作用で筋力が低下している下半身に脂肪などが付きやすくなります。

この様な機序により産後太りになってしまいます。

緩んで開いた骨盤を矯正する事は産後太りを解消したり、産後の肩こりや腰痛も解消する効果があります。

産後太りや産後の肩こりや腰痛でお悩みの方は、産後骨盤矯正がオススメです。

当院の産後骨盤矯正の詳細やお問い合わせは、当院のホームページをご確認下さい!

https://www.koolmas.com/

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)