産後の骨盤の歪みは妊娠後期になると平均3〜4㎝程開くと言われています!

あまり知らない方が多いのですが、産後の歪みのほとんどは出産によって出来た歪みではなく、お腹の赤ちゃんが大きくなる事により骨盤が広がる妊娠中の歪みの方が大きく残っています。

この産後の3〜4㎝開いた骨盤をそのまま放置してしまうと歪んだ状態で固くなってしまいます💦

骨盤が開いたまま固まると、骨盤の歪みが原因で産後太りや産後の下半身太りの原因になってしまいます😣

また骨盤の歪みは全身に作用する為に、産後の肩こりや腰痛等(股関節痛、恥骨痛、骨盤周りの痛み)引き起こします😥

様々な症状の原因になる産後の歪みは、リラキシンと言う関節を緩ませる女性ホルモンの影響が残っている産後6ヵ月以内に骨盤矯正を行うと効果が1番出やすくなります!

関節が柔らかく緩んでいる時に骨盤矯正を行うと効果が現れやすくなるんです!

ただ産後6ヵ月以上超えた方でも産後1年以内は「自家矯正力」と言った産前の身体に戻ろうとする働きが強く残っているので、まだまだ産後の骨盤矯正は出やすい時期でもあります😁

また産後1年以内は普段の歪みも治しやすい絶好の機会です!

是非このチャンスをお見逃しなく😊

産後のダイエット効果が高く、産後の様々なお身体の痛みにも効果的な当院の産後の骨盤矯正です!

お悩みの方は是非当院にお任せ下さい😊😊

当院の産後骨盤矯正の詳細やお問い合わせは、当院のホームページをご確認下さい🙇‍♂️

https://www.koolmas.com/

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)